ストレス知らずでダイエットを長続きさせるために

ダイエットのために、本当に食べたいものをずっと我慢していて、ストレスがたまって、その反動で大食いをしてしまった経験のある人ってたくさんいるでしょうね。

 

ストレスを解消して、無理なくダイエットを長続きさせる方法をとらなければ効果は見込めません。

 

いつも我慢している大好きな食べ物を、ピックアップします。

 

それを次々と食べたとしたら・・・

 

その時に大事なのは、良く味わっておいしく、幸せな気持ちで食べることです。

 

そうすれば、満足感を得られますから、しばらく食べられなかったとしても、我慢できるはずです。

 

そんな気持ちになったものは線を引いて、リストから消し込みます。

 

だんだんと食べ物に対する執着がなくなり、気持ちに余裕をもってダイエットをすることができますから、ダイエットでイライラがたまってきたら、ぜひともやってみたい方法ですね。

間食にナッツを食べて痩せる

ナッツ類は油が多くて高カロリーと思われがちですけど、ナッツは良質の油やミネラルがとれる原型食品だからダイエットには効果的なのです。

 

くるみ、カシューナッツ、ピーカンナッツ、ピスタチオ、クリなどに含まれているα‐リノレン酸は、少量でも脂肪を燃焼してくれる効果がある痩せる油なんです。

 

アーモンドやピーナッツなどは血行をよくするビタミンEをとりやすく、噛みごたえのある原型食品です。

 

小腹がすいた時や飲み会では、ナッツをつまんでみてください。

 

ピーナッツの茶色い薄皮は、レスベラトロールという成分が赤ワインに含まれている成分と同じですので、皮ごと食べれば抗酸化作用や老化防止作用が期待できて、食物繊維もとれるのです。

よい油は脂肪を減らしてくれる

油と聞くと、ダイエットをしている人からは敬遠されてしまいます。

 

でも痩せたいのなら油は適度にとったほうがいいのです。

 

良い油と悪い油があることを理解しておけば、油は脂肪を燃やすために効果的に使えるのです。

 

油には大きく分けると固まる油と固まらない油があります。

 

バターやラード、肉の脂などの飽和脂肪酸で、コレステロールや中性脂肪を増やすため、とりすぎないほうがいい油なんです。

 

固まらないのは植物油や魚の油です。

 

良質の油だからたくさんとってもいいわけではなくて、リノール酸は食品からとる櫃よ具あある必須脂肪酸でコレステロール値を下げる作用がありますが、とり過ぎると善玉コレステロールまで腹したり、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーを引き起こしたりすると言われています。

 

ほとんどの植物油に含まれているので、すでに十分すぎるほどとれています。

 

脂肪を燃やすのに効果が抜群なのに、とりにくいのは、α‐リノレン酸、EPA、DHAです。

 

これらは細胞内にあるペルオキシソームという脂肪燃焼機関を活性化して、体に蓄積した脂肪を燃やして痩せやすくすると言われています。

 

ダイエットに不可欠なのに、ほとんどの人が不足しているのです。

 

α‐リノレン酸はアマニ油やシソ油、くるみなどのナッツの一部や大豆製品に含まれますし、EPAやDHAはイワシやサンマなどの青背魚に豊富に含まれます。

 

エキストラヴァージンオイルやゴマ油は、直接的に脂肪燃焼効果はありませんが、体によい油です。

 

悪玉コレステロールを減らして、便秘解消にも役立ち、デトックスにおすすめです。

 

参加しにくいので加熱調理にも向いています。

 

油全般は、高エネルギーなので体内に入ると熱を大量に発生させて体を温めたり、糖の吸収をゆるやかにする作用があります。

 

でもマーガリンやショートニングなどに含まれるトランス脂肪酸は注意が必要です。

 

悪玉コレステロールを増やすだけでなく、善玉コレステロールを下げて動脈硬化や心臓疾患を招く危険性や、発がん性も疑われています。

 

欧米では厳しく規制されていますが、日本でもさまざまなものに含まれてしまっています。

 

人工的に加工されたものは消化も代謝もしにくくて、体にためこむことになって体脂肪に直結しやすくなります。

 

活性酸素を増やす参加した油も、燃えにくい体をつくりやすいです。

調味料でも脂肪は燃やせる

燃焼効果のある調味料は、発酵がポイントとなります。

 

発酵食品には丁の状態を整えて消化、吸収をよくする作用があります。

 

調味料も例外ではなくて、大豆を乳酸発酵させたみそは整腸作用があって、燃やす効果を助けてくれます。

 

豆板醤、コチュジャン、タバスコも発酵調味料です。

 

糖の吸収をゆるやかにする酢も、発酵によって作られて、油っぽさを中和する作用があります。

 

脂肪燃焼と聞くと、トウガラシを思い浮かべます。

 

辛み成分のカプサイシンは体脂肪の分解を促しますが、食べると汗をかいて、そのあとはすっと涼しくなります。

 

トウガラシは最後は体を冷やしてしまうんですね。

 

だからトウガラシだけの一味ではなくて、七味のほうがお勧めです。

 

何気なく使っている塩も、人工的につくられるナトリウム塩は体を冷やしてナトリウムをとり過ぎてしまうので、ダイエットには向きません。

 

マグネシウムやカリウムなどのミネラルをとれる岩塩や海水塩などの天然塩がいいのです。

燃やすには体のメカニズムを利用する

人間の体のメカニズムは、3つに分けられます。

 

朝から昼にかけては排泄と浄化の時間帯で、ためこんでいる毒素を体外に排出して、これから燃やすための準備をする時間帯となります。

 

昼から日没なでは、1日の中で一番の燃やしどきとなります。

 

代謝を上げる栄養のあるものをしっかりと食べても大丈夫です。

 

日没から朝にかけては、蓄積の時間帯で、活動量もすくなくなって、体は食べた物を蓄えるようになります。

 

これらのメカニズムに逆らわないで、それぞれの時間帯に合った食べ物を食べると、脂肪を燃やしやすく、痩せやすい状態を作ることができます。

水とくだもので毒素を排出

食品に含まれている添加物や有害ミネラル、ダイオキシン、紫外線など体に害となるものは、知らないうちに溜まっていますから、なるべくなら体の外に排泄をしたいです。

 

実は体脂肪も毒素のひとつと考えられています。

 

それらを体外に胚珠るするのがデトックスで、それらを分解して排泄するためには、エネルギーが必要となります。

 

デトックスは間接的にダイエットを助けて、代謝を高めてくれます。

 

朝食にはデトックス効果があるものをとるようにします。

 

水は体の中でもっとも多い成分で、起きた時は誰もが脱水状態ですから、体をうるおして血液や体液の流れをよくする水は欠かせません。

 

お茶やコーヒーではなくて、水を飲む習慣が必要になります。

 

排泄と浄化をスムーズにするのはミネラルや酵素です。

 

これらを含んでいるのがくだものですから、朝はご飯よりもくだものを食べることを考えるほうがいいかもしれませんね。

 

時間がない時にはフレッシュジュースでもいいのです。

 

水とくだものだけではお腹がすく人は、ご飯とみそ汁を追加すればいいのです。

ランチには代謝を上げる肉をガッツリ食べる

昼から日没までの代謝の時間帯に備えて、ランチはしっかりと食べたほうが燃焼効果が高まるのです。

 

ボリュームのある肉でも、毎日でなければ揚げ物や炒め物でも大丈夫です。

 

てっとり早いのは肉です。

 

ステーキや焼き肉、牛丼、トンカツ、生姜焼きなど、赤身の肉に含まれるL?カルニチンが脂肪燃焼効果を高めます。

 

良質の油をとって差お坊内にある脂肪燃焼工場のスイッチをいれるなら、お寿司をランチに食べるのもGOOD。

 

EPAやDHA、良質のアミノ酸を同時に補給できるし、酢が血糖値の上昇を抑えてくれるのです。

忙しい時のランチにはこれだ

仕事によってはランチに時間がとれないことがありますよね。

 

パソコンをしながらランチをすることもあります。

 

そんな時でも少しでも燃やす要素を含んだ、脂肪になりにくいものを食べたいですね。

 

時間がないときに手軽でいいのは、手巻きずしやおにぎりです。

 

のりは意外に栄養が豊富で、ご飯に足りないアミノ酸やミネラルを補ってくれます。

 

サンドイッチはパンが小麦製品なのであまりおすすめではありません。

 

サンドイッチならせめてハムサンドなど、たんぱく質がとれるものを選んで、ビタミンやミネラルを補給できるお野菜ジュースをプラスします。

夕食に揚げ物は食べちゃダメ

日没以降は蓄積の時間帯となります。

 

体が蓄えモードになっているので、痩せるためには夕食を軽くするのが理想的です。

 

お酒を飲む人はご飯をやめるなどして、食事量を調整したほがいいですね。

 

でも夕食は1日のストレスから解放されて、いちばんホッとして食べられる食事ですから、夕食を軽くするのはかなりストレスになります。

 

無理に減らすよりも、燃やす栄養素がとれるおかずを中心に食べるようにするのがお勧めです。

 

肉か魚の主菜とお野菜のおかず、みそ汁を食べれれば栄養をとりやすいですし、太りにくくなります。

 

昼食と夕食のおかずが重ならないようにするのも大切です。

 

それと夜の揚げ物はやっぱりお勧めできませんね。

 

揚げ物はせめて週に一度くらいにしておきたいですね。

 

遅い帰宅で、夕食を温めるときは、なおさら揚げ物は酸化した油をとるようになるので、やめておいたほうがいいですね。

お酒の席は普段食べないものを選んでみる

飲み会に参加するのなら、我慢するのではなくて、おおいに飲んで食べてしまったほうがいいのです。

 

ここで我慢をすると、食べたい気持ちや飲みたい気持ちが後まで残ることになります。

 

翌日にリセットすればいいのですから、不満を残さないように楽しみたいですね。

 

飲み会や外食でも、燃やす効果を高めて太りにくくすることができます。

 

和食なら枝豆、突き出しの野菜の小鉢、酢もので、洋食なら野菜サラダから食べ始めます。

 

血糖値の上昇をゆるやかにして太りにくくしてくれます。

 

ピザから食べ始めるようでは、血糖値が急激に上昇して、体脂肪がつきやすく、太りやすくなってしまいます。

 

どうせなら普段あまり食べないものを選んで食べてみましょう。

 

食べ物に含まれている栄養素は、食品ごとに違います。

 

普段の食事で不足しているものを補給するチャンスでもあるので、めったに食べられないものや、珍しいものは積極的に食べてみてください。

 

いつもの定番メニューではダイエットには効果が薄くなってしまいます。

 

コンブチャクレンズの口コミを参考に効果のある飲み方を実践した結果…